子宮筋腫対策リサーチ~事前に知っておく女性特有の病気~

医者

子供ができなかったら

病院

不妊治療は治療期間がとかく長くなってしまいがちになります。保険も聞かないということから途中で治療を断念する人も多くあります。大阪には不妊治療の病院が多くあり心のカウンセリングも充実している病院も多くあります。

詳細を確認する...

受診のポイント

握手

奈良県にお住まいの方で子供を希望するご夫婦もいると思います。しかし、そう願いながら、なかなか子供ができないという事もあります。その為に不妊治療を行うことで、子供が授かるというケースも増えてきています。

詳細を確認する...

テクニック

病院

大阪では晩婚化になり、妊娠を希望する方が不妊治療で病院に通う事が増えてきています。そして、今後も結婚をする年齢が遅くなってきますので、その分、妊娠をする年齢も高齢化になります。その分、妊娠しにくくなってきますので治療が必要になります。

詳細を確認する...

増えてきた女性特有の病気

気になる症状は診察へ

女医

若い女性の間で、子宮筋腫の症状が目立ってくるようになりました。これは、子宮に腫瘍ができてしまう病気ですが、40歳代に一番多く見られます。しかし、体の成長の早さや食生活の影響で、20代で見られることも珍しくはなくなりました。 子宮筋腫を発症してしまうと、不妊や流産の危険性が高くなってしまいます。また、腫瘍の大きさから、お腹の張りが目立ったり排尿がスムーズにできないこともあります。 子宮筋腫の具体的な症状には、月経の出血量が多いことやひどい生理痛などが挙げられます。また、月経以外に不正出血を起こしてしまうこともあるので、このような症状に思い当たる人は1度診察してもらうのが適切でしょう。検診などで子宮筋腫が発見されるケースも多いので、症状が悪化しないためにも早めに診察してもらうことが大切です。

発症の原因と治療内容

子宮筋腫ができてしまう原因は、女性ホルモンのエストロゲンが深く関わっていると言われています。これは初潮から閉経するまでに多く分泌されるので、長い期間影響を受けると子宮筋腫の発症率も高くなる傾向にあります。 このため、未婚の女性や高齢出産などが増えてきたことも、子宮筋腫の発症率と関係しています。また、欧米化の食生活が女性ホルモンの増加に影響してしまうので、若い人にも見られるようになりました。 子宮筋腫の治療としては、腫瘍が大きくなければ様子を見たり、薬で症状を抑えていく取り組みもあります。しかし、腫瘍が大きかったり体に悪影響となっているのであれば、手術で摘出されるのが一般的となっています。 女性としての価値観や生活習慣が変わってきたこともあり、子宮筋腫の危険性はますます大きなものとなっているのです。